自分一人で
大きな案件を受注した
時は、快感ですよ

K.Y.

K.Y.

2017年度入社/営業

お客さまのご要望を予測し、
先回りすることが大切です

Q. どうしてテルヤに?

専門商社の仕事が面白そうだと思い、いくつか説明会などに参加していました。電機系に絞ったのは、半導体関係の仕事をしている母から「面白そうだし、いいんじゃない」と、後押しされたのも理由です。テルヤは説明会、面接ともに雰囲気が柔らかな印象でした。社長面接も、ほとんどはサッカーの話題や雑談でした(笑)。

Q. どんな仕事をしている?

私は60社ほどのお客さまを担当し、そのご要望や売上げ見込みを判断しながらルート営業をしています。お客さまにもよりますが週に2回、少なくとも月に1回は顔を出すようにしています。売上げ実績からお客さまのニーズを予測し「そろそろこんな製品は?」とおすすめしたり、ある製品が売れたら、その周辺機器も提案することを心がけています。

Q. 印象に残っている仕事は?

頻繁に通っていたお客さまから、初の3桁金額(数百万)の注文を受けたときはうれしかったですね。営業をはじめて10か月目、自分一人で成し遂げた案件でしたから、やり切った達成感に満たされました。一方で忘れられない失敗が、見積もりを出したまま日が過ぎてしまい、その間に競合に仕事をさらわれたこと。スピードの大切さを痛感しました。

Q. どんなチャレンジがしたい?

自分からの提案で売り込み、100万円、1,000万円台に届く案件をどんどん取ってきたいですね。テルヤは、自分の裁量で自由に営業活動をすることが許されています。その代わり、数字を達成できなかった時には、顧客訪問先に漏れはなかったか?など冷静な分析も必要なのですが、それも次へのステップだと思って頑張っています。

K.Y.

ペンギン

面接は、
社長とサッカーの話で
大盛り上がりでした

D.K.

D.K.

2018年度入社/営業

新人の私には、納品日が
絶好のチャンスです!

Q. どうしてテルヤに?

実はアパレル業界が志望だったのですが、知人に聞くと「自社の服を買って着なければいけないしお金もかかるよ」と(笑)。それで「営業職」「地域密着型」をキーワードに探していた時に出会ったのがテルヤでした。面接に行ったところ、社長とサッカーの話で盛り上がって。その気さくな社風が気に入りました。

Q. どんな仕事をしている?

私は営業職で、去年の11月から担当を持たせてもらうようになりました。上司からは「数字を気にしすぎるな」と言われますが、やはり気になります。売上げ目標に、あとどのくらいか?そのためには、どのお客さまにまず当たったらいいのか?と考えを巡らせるのはプレッシャーであると同時に楽しいひと時でもあります。

Q. 心がけていることは?

新人の私は週に二回、納品も担当しているのですが、この納品日はアポなしでお客さまと話すことができる絶好のチャンスなんです。納品するだけでなく「最近どうですか?」というようなお声がけをしたり、カタログを持参したりして少しでも担当者とのタッチ率を増やし、次の営業活動につながるように心がけています。

Q. どんなチャレンジがしたい?

将来的には、お客さまから「彼に聞けば間違いない」と言われるような信頼関係を築きたいですね。そのためには「お客さまを知る」、そして「私自身を知ってもらう」ことを意識した営業活動が必要でしょうし、また、「失敗してもいいからとりあえず自分で考えてみろ」という上司のアドバイスを実践していこうと思います。

D.K.

まずは、お客さまに
顔と名前を覚えてもら
いましょう

S.K.

S.K.

2017年度入社/営業

分からないことは、
素直に質問することも大切ですよ

Q. どうしてテルヤに?

バイトで接客業をしていた経験から、人とのコミュニケーションが大切な営業職に就きたいなって。その中で専門商社に的を絞ったのですが、就活も長引き厳しさを味わっていました。そんな時、テルヤでの面接で「これからは女性の営業員に活躍して欲しい」というお話を聞き、自分も挑戦したいという想いで入社しました。

Q. どんな仕事をしている?

仕事は、いつも取引しているお客さまを訪問するルート営業がメインです。私の担当するお客さまは制御盤のメーカー、機械メーカーなどが多く専門知識が必要ですが、セミナーや研修で身に付きますからご心配なく。また、新人のうちは質問することも大切。先輩、上司はもとより、素直に分からないことを尋ねればお客さまも親切に教えてくれますよ。

Q. 心がけていることは?

私の顔、そして名前を、お客さまに覚えていただくこと。そのために週一回はお客さまに顔を出すように心がけています。いつもご購入いただいているお客さまを訪問するのは当たり前。あまり実績のないお客さまのところへ何回も足を運んだことで、かなりの金額の見積もりを依頼され、受注につながったこともありました。

Q. どんなチャレンジがしたい?

まだまだお客さまの困っていることや質問されたことにお応えするだけで精一杯ですが、これからはお客さまのためになる情報をより多く提案していけたらと思います。また、去年の5月~9月には新規獲得の活動を積極的に行いましたので、その時に蒔いた種が芽を出してくれるのではとワクワクしています。

S.K.

公務員試験も合格した
のですが、
今はテルヤで後悔なし

M.S.

M.S.

2018年度入社/営業

ペンギン

“お客さま目線”で、
営業力を磨いていきたいですね

Q. どうしてテルヤに?

公務員をめざしていて試験も合格したのですが、先輩に体験談を聞いていくうちに何か違うなと思い方向転換しました。私は理科の授業もない文系の私立高校に通っていたので、せっかくなら自分のまったく知らない「電機」の世界に挑戦してみようと。HPなどで調べてみると、テルヤという面白そうな会社に出会い応募しました。

Q. どんな仕事をしている?

私は50社ほどのお客さまを担当していますが、一日に10社、回ることを自分に課しています。そうすると、一週間ですべてのお客さまを回れます。また、購入を検討されているお客さまから連絡があった場合は、まず足を運びます。「こんな装置に使いたいのだけれど」という部品一つのご要望にも、実機を見ながら“お客さま目線”でご提案できますから。

Q. 心がけていることは?

テルヤでは、失敗したこと自体は怒られないけれども、やらないでほったらかしにしていると怒られるんです。どうして失敗したと思う?次に成功するためにはこうしたほうがいいよだとか、次は一緒にお客さまのところに行ってみようかなど、上司も一緒になって解決策を探ってくれるところに「やってみなはれ!!」の社風を実感しますね。

Q. どんなチャレンジがしたい?

今はまだ、上司や先輩に教えていただくことが多いので、まずは教わったことをしっかりとこなせるように仕事をすることが目標です。自分の段取りが悪かったばかりに納期に遅れてしまったという苦い失敗もありますが、そこで得た経験を活かしながら、ゆくゆくは後輩から目標にされるような社員になりたいと思いますね。

M.S.

もがいた先に、
成功が待っているはずです

M.T.

M.T.

2010年度入社/営業

満足いただくためには、
100%プラスαの対応でなきゃ

Q. どうして転職を?

以前はガスや水回りなどの住宅設備を扱う商社に勤めていました。その領域は極めたつもりだったので、次は電気にチャレンジしよう、と。退職して好きなことをしていたのですが、その半年間、ずっと転職サイトに掲載されていたのがテルヤの社員募集でした。そろそろ就職をと連絡したら、あっという間に入社が決まりました(笑)。

Q. 前職との違いは?

客層や業態でしょうか。前の会社のお客さまは一人親方というか個人商店の方が多かったのですが、テルヤのお客さまは工場であったりメーカーであったり。また、私は「電気」のつもりで入社したのですが、テルヤの商品はデンキはデンキでも「電機」の方。まったく知識がなかったので、入社当初は、正直、自信がぐらつきました。

Q. 心がけていることは?

製品を購入するだけならインターネットで事足りる時代ですので、導入後の使い方も含めお客さまと一緒になって探り解決策をご提案するなど、100%プラスαの対応を心がけています。お客さまのご要望もどんどんハードルが上がってきて大変なのですが、専門商社ならではの付加価値をご提供することが、信頼につながると思っています。

Q. 志望者にメッセージを

お客さまのご要望に対して分からないことがあっても、まずはやってみる。そんな風土がテルヤにはあります。やったら、やった分だけ評価されますし、自分が成長することで会社も成長していけたらと思っています。仕事面でも人間関係でも面白い会社ですから、皆さんも、ぜひ弊社の門をたたいてみてください。

M.T.

みんな燃えテルヤ!!

Page Top