エム・システム技研 IoT用端末 データマル | テルヤ電機株式会社

エム・システム技研 IoT用端末 データマル

a-3-4%e3%80%80%e7%9b%a3%e8%a6%96%e6%a9%9f%e5%99%a8%e2%91%a0

概要 遠隔監視・データロギング・イベント通報用のWebコンポーネント。
特長 スマートフォンやタブレット端末で遠隔監視ができます。
高機能なスマホとインターネットを利用すると、驚くほどコストパフォーマンスの高い現場監視システムが実現できます。

 

スマートフォンでも見やすいWeb画面を標準装備
「データ表示」、「トレンド表示」、「イベント表示」の3種類の監視用Web画面を標準で搭載しています。いずれの画面も汎用的で実用性が高く、スマートフォンやタブレット端末でも見やすいようにデザインされています。端末側にブラウザがあれば、アプリケーションソフトは不要です。またタイプDには、新たにHTMLやJavaScriptでお客様のオリジナル画面を作成できる「ユーザ定義画面」が加わりました。

 

4タイプをラインアップ
Webブラウザによる監視ができる「見せる機能」に対応したタイプA、Eメール通報による「知らせる機能」を加えたタイプB、SDカードを搭載し「記録する機能」を加えたタイプC、さらにModbus/TCPの信号を自在に結線できる「I/Oマッピング機能」に対応したタイプDが新たに加わりました。

 

フレキシブルな入出力信号の種類、点数
データマルのハードウェアは、ロギングユニット(本体)に専用のI/Oカードを組合せる構造を採用しています。I/Oカードはアナログ入出力、ステータス(接点)入出力、パルス入力の各種を用意し、必要な入出力種類と点数に応じて自由に選定、組合せができます。最小構成ではアナログ入力2点もしくは接点入力4点から、最大ではアナログ入力32点、アナログ出力32点に加え接点入力64点、接点出力64点、パルス入力32点までの入出力ができます。

 

最新の通信インフラに対応
TCP/IP、SMTPクライアント、SNTPクライアント、HTTPサーバ、FTPクライアント/サーバ、Modbus/TCPマスタ/スレーブなど様々な通信プロトコルを装備しています。外付けのルータに接続することにより、各種ブロードバンド通信(光、ADSL、CATVなど)や高速モバイル通信、あるいはWi-Fiなど最新の通信インフラにも対応できます。

主な機能 見せる機能:簡易Webサーバ(ノーマル形・クラウド形)
Modbus/TCP(サーバ・クライアント)
知らせる機能:メール通報、警報接点出力、FTPクライアント
記録する機能:データロギング、FTPサーバ
画面の種類:メニュー、データ表示、トレンド表示、イベント表示
入力の種類(最大点数):直流電流(32点)、直流電圧(32点)、接点(64点)、パルス(32点開発中)
出力の種類(最大点数):トランジスタ(64点)
その他 詳細は最寄りの営業所、または担当営業マンまでお問い合わせください。

電設資材、制御機器、情報通信のことなら テルヤ電機 にお任せください

pagetop